サジーの特徴果皮栄養

サジーの果皮はとても柔らかくて破れやすい

投稿日:

サジーの果皮にはこんな特徴があります

「果皮」というのは果物の中でも「果実の表面を覆う外皮。果実を包んでいる部分」です。
厳密には「種子を包む部分」で外果皮・中果皮・内果皮が区別されるものがあります。

外果皮というのが私たちが果物の「皮」と呼んでいる部分で、紫外線から果肉や種子を守る働きがあります。

その外果皮と中果皮の間に「果汁たっぷりの果肉」があります。
私たちはそこを食べることが多いです。

サジーは品種により果実の大きさが5〜10mmくらいととても小さいです。
その果実を覆う果皮にもいくつかの種類があります。

内果皮というのは種子のまわりにあるものです。サジーの場合は薄い膜のような形状です。

 

 

日本サジー協会が「栄養豊富」と認定した「ビコアサジー」と呼ばれるものの果実は5mmくらいの小さなもので、その果皮は指で触ると破れてしまうほど薄いものです。

ぷるっぷるの果実をつつむサジー果皮
ぷるっぷるの果実をつつむサジー果皮

 

 

手摘みサジーというのは実際には不可能??

サジーの果皮はとても薄く、指で掴むと破れてしまいます。
よくサジーの商品で「手摘み」とうたわれているものがありますが、私たちが想像する「手摘み=果実を一つ一つ手で摘んで収穫する」というのは不可能かもしれません。

果皮の割と強い(栄養価は劣る可能性)多品種のサジーなら、手摘みも可能かもしれませんがビコアサジーの場合それは無理です。

ではどうやって収穫しているのかというと「枝ごと切って、そのまま工場へ運ぶ」のが一般的です。

サジーの収穫期はマイナス40℃になることもある極寒の真冬。
当然枝も果実も凍りついています。
自然に冷凍保存されている状態のサジーを枝ごと切ることで、果皮を傷つけることなく収穫できるというわけです。

 

真冬の寒さで凍りつくサジーの林
真冬の寒さで凍りつくサジーの林

 

サジー果皮に含まれる栄養素とは?

果皮も強力な紫外線から果実、種子を守るための大事なパーツです。
フラボノイド、カロテノイド、植物ステロールおよびアミノ酸などの活性物質がたっぷり含まれていて、さらに食物繊維も多量に含まれています。

果皮はパウダー状のものが取引されることが多いのですが、乾燥した果皮をアルコールで抽出したエキスには果皮の栄養を損なうことなく

  • フラボノイド
  • カロテノイド
  • 植物ステロール
  • アミノ酸

などの栄養素が豊富に含まれています。

株式会社フィネスの販売している「果皮のこつぶ」は、サジー果皮のサプリメントとして有名です。

サジー果皮のこつぶ
参考:アメリカ農務省、国民生活センター、文部科学省「日本食品標準成分表」、消費生活センター